働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての帝王切開。入院準備、手術費用、保険。ママとパパ向け

帝王切開の決定から、退院までの流れをお伝えします。

帝王切開の決定は、一般的には36週目で、手術は38週目です。

帝王切開が決まったら準備することは以下です。

入院まで編

ママ

□帝王切開は、保険が適用となりますので、会社に確認し、事故申請の場合は、加入している健康保険組合へ、「限度額適用認定証」を申請します。
※このとき、送付先を自宅にすれば、スムーズです。

□会社へ出産予定日のが変更になる連絡としておく。出産の翌日から8週間の産後休暇のカウントが始まるため。

□加入している生命保険へ保険の請求をするための申請書を手配する。

□入院の準備をする。※入院予約金の預かり証を忘れない。
帝王切開用の準備リストはこちらを参考にしてくださいね。

□退院後の準備をする。

パパ

□36週目に入院日と手術日が決まるので、有給申請をする。

□帝王切開でも立会が可能な病院もあるので、立会を希望する場合は、病院に立会希望を伝え手続きを行う。

□入院中は、ママの衣類の洗濯を行うため、どこに何があるか事前に確認したり、準備品の用意は一緒に行う。

□普通分娩では、出産翌日にお見舞いにくることも多いですが、帝王切開の場合は、出産翌日は痛みに苦しんでいるので、身内以外のお見舞いは出産翌日は避けてもらうようにする。

入院から出産まで編

ママ

□入院の手続きを行う。このときベッドの希望を聞かれる。兄弟がいる場合、個室以外出入りNGかもしれないので確認する。

□お小水の検査をする。

□部屋に案内され、荷物の整理を行う。足りないものは、このとき家族にお願いする。

□赤ちゃんモニター、血圧、体温を計測をする。

□助産師さんからオリエンテーションがある。アレルギーの説明を受ける。

□先生より手術、輸血について説明を受ける。

□手術時間の確認をする。

□部屋に戻り、手術、輸血、アレルギーの同意書記入し、母子手帳を提出する。

□パパに手術時間と集合場所の連絡をする。

□18時ころ夕食は常食で最後の晩餐。21時まで食事は可能。水に限り24時まで可能。

□シャワーを浴びる。翌日の手術時間による。

□21時消灯。

※参考:最後の晩餐※
bansan

手術当日、ベイビー生誕

ママ

□翌日の手術時間によるが、9時開始の場合は、6時30分までに手術着、紙パンツに着替え、着圧ソックスを履いておく。

□6時45分ころ助産師さんが来て、赤ちゃんモニターをつける。

□点滴をつける。

□20分くらい様子をみて、お腹の張りもなく、赤ちゃんが元気なことを確認し、浣腸をする。

□用足しが完了したら、赤ちゃんモニターを再度つける。

□赤ちゃんに問題がないことを確認し、最後にトイレに行く。

□9時に助産師さんが迎えに来て、ネイル、アクセサリー、マツエク等の最終チェックをして、手術室に向かいます。

□手術室前でキャップをかぶり、手術室助産師さんより名前の確認、アレルギーの確認を行い手術台へ上がります。

□腰椎麻酔を行います。グリグリと入る時が痛みを伴う。

□麻酔が聞き出すと、息苦しくなってきて意識は朦朧としてきます。

□手術準備に入り剃毛。

□執刀医から挨拶があり、管を通す。

□9時に病室を出てから、28分後に手術を開始。

□9時41分誕生!

□助産師さんが隣に連れてきてくれ、赤ちゃんに触れる。

□赤ちゃんをきれいにするため、しばしお別れ。

□手術を終え、一時間ほど別部屋で術後経過を診る。

□30分、術後経過に問題がないことを確認し、病室へ戻る。

□14時ころ、おっぱいマッサージし、初乳をあげる。以降3時間おきにマッサージをする。

□手術当日は、赤ちゃんと別室。しかし、マッサージがあるため、この日から3時間おきに起きる。

□麻酔が切れ、座薬を入れてもらう。

□時間があれば会社へ無事出産したことを報告する。

□誕生日、名前(漢字とフリガナ)、性別を報告し、保険証の手続きを依頼する。

パパ(立会しない場合)

□前日に連絡があった時間と場所へ行く。

□ママが手術室へ行くのを見送る。

□一時間もしないうちに赤ちゃんが産まれるのでカメラの準備と心の準備をする。

□助産師さんが赤ちゃんをきれいにするため、保育器に入れ新生児室へ。このとき初対面出来る。一番最初のシャッターチャンス!

□助産師さんがママの病室に戻る時間を確認し、しばし待機。

□ママが戻るまでに昼食タイム。

□ママにご対面。

□ママは疲れてるので休ませてあげる。

□赤ちゃんに会えるのは14時くらい。

□19時で面会時間終了。

□洗い物があったら持ち帰る。

生後1日。手術翌日

□血液検査。

□タイミングを見計らい座薬を入れてもらう。

□人により、発熱がある。

□朝、先生の診察があり、お腹の動きに問題なかったので、水を飲む許可をもらう。

□口飲みするにはお腹が痛すぎる。※手術前にストローを挿しておいた方が良い。

□午前中に歩けるようにリハビリする。

□歩けるようになったら尿の管を外す。トイレまで歩きます。

□歩けるようになったら3時間おきに授乳を始める。

□赤ちゃんのおむつ交換を始める。

□赤ちゃんのおへその消毒を始める。

□部屋で授乳やおむつ交換も良いが、授乳室で授乳した方が他のママたちと話ができるし、助産師さんに授乳の仕方を教えてもらえる。

□お腹は痛いが、リハビリのため授乳室へいく。

□夕食から流動食になる。

□この日の夜から産院によって母子同室になる。

□タオルで体を拭いてもらい、持参したパジャマに着替えさせてもらう。

生後2日

□朝食は流動食、昼食、夕食は五分軟菜食。

□シャワーが浴びられる。

□一日の授乳時間は、三時間半くらいになる。

□おならが出たら助産師さんに伝える。

□硬膜外麻酔カテーテルを外す。

□状態により点滴が減っていく。

□先天性代謝異常検査申込用紙を提出する。

□希望の場合は、聴覚検査の申込用紙を提出する。

□硬膜外麻酔カテーテルが抜けたらシャワーを浴びられる。※一ヶ月検診まではシャワーのみで、バスタブには入れない。

生後3日

□朝食、昼食は全粥軟菜食、夕食より常食。

□血液検査。

□寝れないことが辛くなってくる。

生後4日

□退院指導を受ける。※産院によっては、他のママさんたちと交流も図れます。

生後5日

□沐浴指導を受ける。※産院によっては、パパやおばあちゃんも指導が受けられることもあります。

生後6日

□抜鉤。お腹の傷のホッチキスを取ります。

□尿検査。

□体重を測る。

□むくみをみる。

生後7日

□朝、先生の診察を受け、ママの退院の許可が出る。

□赤ちゃんも診察を受け、退院の許可が出る。

□久しぶりに化粧する。

□最後に授乳しておく。

□ママ、赤ちゃんともに退院服に着替える。

□12時までに退院窓口で支払い。

□保険会社へ提出するための申請書を渡し、診断書を依頼する。

※状況によって、早めに退院することもできるので、い棒の場合は、助産師さんに相談する。

退院後

□役所へ出生届を出す。

□一ヶ月検診の予約を取る。(赤ちゃんとママ二人分)

□母乳については、母乳相談の予約し、受診する。

□一ヶ月検診までに赤ちゃんについては、育児相談を予約し、受診する。

□市町村から新生児訪問がある。

気になる支払い総額は?

保険給付外

□帝王切開術
440,000円

□新生児管理
170,000円(7日)

保険

□医学管理、投薬、注射、手術中の薬剤、麻酔、検査等
27,925円

□入院
14,930円

□食事
13,850円

その他

特別食(お祝い膳)
1,500円

ベッド差額
60,000円(20,000円×3日)

※参考:特別食※

iwaizen

合計

728,205円。

ベッド差額は、入院中に移動し、3日分のみ加算。※大部屋の場合は、合計からマイナス60,000円。

特別食は、入院中に選択式。※不要の場合は、合計からマイナス1500円。

窓口負担では、合計額より出産育児一時金、入院予約金、高額医療上限を適用され、請求。

さいごに

いかがでしたか?帝王切開が決まった時から、退院までの一連の流れを時系列にお伝えしました。

産院によりますが、合計金額から区民割引を受けられる場合もあります!私の場合は、30,000円割引がありました。

参考にしていただき、良いマタニティーライフ、出産をお迎えください!

関連記事

コメントは利用できません。