働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高学年の働くママ、フルタイムで働く苦悩。パート、時短、専業主婦との違い

長男の時、そう10年前と今では、働くママの環境は変わりました。

保育園在園時には気づかなかった小学校でのスポーツや学習の違い。

周りとの費やす時間の違いについてです。

社会は良い方向へ

妊娠出産を機に退職する人も減ったことと思います。

パパの育休も取得しやすくなったと思います。

職場復帰も企業が当たり前に行ってくれるようになりました。

働き方も時短やフレックス、幼少期はパートタイムと選ぶこともできるようになったと思います。

職場復帰を機に、意図しない部署異動も減ったことと思います。

保育園在園の時は、そう思っていました。

保育園に在園中の次男については同じように思います。

長男の経験から幼少期からスポーツや学習についても早期に取り組もうと考えることができています。

しかし、長男のことでは、後悔や悩みが尽きません。

学習の違い

高学年になると明らかに違うのは中学受験をする家庭としない家庭です。

難問中学に入るために塾の受験を行う家庭もあれば、低学年、幼児期から着々と塾や家庭教師で力をつけてきた家庭もあります。

今まで取り組んできたスポーツを辞め受験に集中する家庭もあります。

学校の勉強自体も複雑な数式や、漢字も難しくなり、できる子と、できない子の差が出てくるのもこの頃と思います。

しかも、教科書やドリルに使われている日本語、すごく難しいです、汗。

引っ掛けなのか?と思ってしまったり、分かりにくくて考えさせられます。

自分の頃も、こんなに文章難しかったっけ?なんて思います。

読解力がないと正直、解けないと思います。

高学年で出てくる悩み

学習の悩みと併せて思春期になり、反抗的だったり、会話が減ったり、自分の世界に入ったりするので、気づきにくくもなります。

学校の保護者会も、高学年だから大丈夫かな?と行かなくなったり親として緊張感も減ってきます。

というか、都度有給取れないし!って思います。

保護者会は、下校後が多く、フルタイムで働く場合、半休か全休かしか選べないので、調整が結構大変です。

そんなこんなで、目が行き届かなくなり、気付いた時には、宿題そっちのけで、遊び呆けたり、同じように勉強が不得意な同士つるむようになります。

そして、後悔してしまうのです。

もちろん、フルタイムで働いていても勉強や身の回りのことを見れる人もいるでしょう。

私は少人数派なのかもしれません。

一緒に居られる時期

朝を旦那に任せ、子供が起きる前に出社することも増えました。

残業することも増え、1日の中で子供と居る時間は3時間あれば良い方です。

学校だけでなく、スポーツや習い事もあります。

あまりにも顔を出さないので、私抜きのLINEグループがあったりします、笑っ。

私自身は、ママ友付き合いが苦手なので、気にしませんが、子供の立場になるとどうなのだろう?と考えることもあります。

しかし、現実的に早帰りが出来るわけでもなく、有給があるわけではなく、結局そのままで、休日にたまに顔を出すくらいしかできていません。

これが良いのか悪いのか?悩んでしまいます。

だからといって生活があるから仕事辞められないし。と思ったり。

まだ結論が出なくて、モヤモヤっとした状況が続いています。

さいごに

低学年までは抱かなかったこの思い、きっと中学、高校、大学、その後も違う思いをしていくのでしょうね。

子育てに正解はない。

そう分かっていても、人と比べてしまったり、悩んで落ち込んだり。

仕事でも悩むのに。

決して同情してもらいたいわけではなく、同じように悩む方が居たら、私も一緒だよと伝えたいと思いました。

家庭の事情は、誰に相談出来るわけでもないので、少しでも肩の力を抜いて、楽に生きていけたらとそう思います。

関連記事

コメントは利用できません。