働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先輩ママ体験談。保育園選び!手作り不要、準備も少ない園

働くママにとって重要なのが、保育園選びです。

手作りが苦手なママさんもいらっしゃることと思います。

そんな手作りが苦手なママさんの救世主!最近では入園する際に用意する準備品や、通園でも日ごろ持ち物が少ない保育園もあります。

保育園に入園しているママ友や職場の先輩ママから「保育園の入園準備品」について「自分で作った」と聞いたことはありませんか。

裁縫が得意なママさんも居れば、不得意なママさんも居ると思います。

そんなママさんに朗報!準備品が少ない保育園があるので私の体験談をおつたえします!

一般的に入園児に用意する準備品

一般的な保育園の準備品はこちらが考えられます。

入園する年齢によって不要もあると思いますが、だいたいこのような感じだと思います。

□ お昼寝ふとん&ふとんバッグ
□ 着替えを入れるバッグ
□ コップ&コップを入れる袋
□ ループタオル(引っかけられる)
□ お食事エプロン
□ ハンカチ
□ お箸、スプーン、フォークセット&袋
□ 肌着
□ 洋服(ボタンは誤飲の恐れがあるのでNG、フードが無いもの)
□ 靴下
□ 靴
□ おむつ/おむつバッグ
□ おしりふき
□ ビニール袋

準備品は保育園によって異なる

保育園によっては、ショッピングモールの入学準備品コーナーなどの市販品で間に合わせることも出来ますが、中にはバッグ大きさが異なったり、ひもや取っ手の指定があったり、お食事エプロンの指定があったりと手作りせざるを得ないものもあります。

ちなみに、長男が1歳児で入園した私立の保育園は、子供自身が何が入っているか分かるように入れる内容によってデザインも変える必要があり、バッグの形やサイズも市販品と異なり、取っ手の長さも指定があったので、全部手作りでした!

ソーイング屋さんにお願いしようと思いましたが、ソーイング屋さんも繁忙期で入園までに納期が間に合わないということで、慌てて作った覚えがあります。

それでも私は、母が裁縫をしている姿を見ていたので、興味もありましたし、小学校の頃から裁縫が得意で、ミシンもよく使っていたので、すんなりと作ることが出来た方だと思います。

準備品が少ない保育園の事例

準備品が一番多いといわれているのは、0歳児だと思います。

しかし、保育園によっては、0歳児でも準備するものがこんなに少ないのです。

次男の場合は、市販品ですべて間に合いましたし、バッグに関してはエコバッグや不織布バッグでも良いので、家にあるもので代用が可能です。

□お昼寝バスタオル
□着替えを入れるバッグ(指定なし)
□肌着
□洋服
□靴下
□靴
□おむつ
□おしりふき
□ビニール袋

保育園を選ぶ時は見学を利用しよう!

保育園を選ぶときは、見学ができる園がほとんどだと思います。

時間がある方は見学の時に、持ち物について確認して見てください。

どうしても時間がない方は、ママ友に聞いたり、保育園に問い合わせてみるのも良いかもしれませんね。

さいごに

準備品は入園時だけではありません。

毎週金曜日のお持ち帰りや、毎週月曜日に持っていくものも一緒に確認してみると、良いと思います。

荷物がいっぱいになるので、ママの仕事バッグやバッグの中身も見直した方が良いかもしれませんね。

関連記事

コメントは利用できません。