働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働くママのアイメイク。マツエクVSマスカラVSつけまつげ

産後ダイエットに失敗したemiemiが、ホットヨガ(岩盤ヨガ)で再ダイエットを進めているわけですが、共働きしているとはいえ、使えるお金には限りがあります。

ホットヨガ(岩盤ヨガ)は月に17,280円なので、相当金額を節約or削減しなくてはなりません。

家族のお金ではなく、私のお小遣いの範囲で節約or削減するわけです。

そうなると、ヘアケア、肌ケア(サプリメント)、マツエク、ネイル、衣服になるのですが、最近は、体型にガッカリしているので、あまりお金をかけていないので、衣服以外になります。

ヘアケア、肌ケア(サプリメント)は絶対にやめられないので、マツエクに目をつけました。

では、マツエクをやめてマスカラにするのか?つけまつげにするのか?費用対効果で検証して見ました。

マツエク

費用

両目100本 約5,000円(税抜)

メイク時間

なし

持続

メイク崩れの心配なし。
ただし、約1ヶ月に一回程度リペア(メンテナンス)が必要。

マスカラ

費用

下地(ヘレナルビンスタイン スパイダーアイズ 約2,200円(税抜))

マスカラ(ランコム イプノスターウォータープルーフ 約2,000円(税抜))

メイク時間

5分

持続

1日に数回メイク直し

つけまつげ

費用

まつげ(RiPiれるまつげ 5セット入り 880円(税抜))
※画像では、リッチミックスを使用しています。

接着剤 (ディーアップ アイラッシュ フィクサー EX553 900円(税抜))

メイク時間

2分

持続

メイクオフまで持続。

体感

私の場合、マツエクは、上下なので約10,000円かかっていますので、マスカラorつけまつげにすることで、おおきな節約or削減になることが分かります。

あとは、メイク時間とオフ時間や効果(持続性)も気になりますよね。

マスカラはともかく、つけまつげは若かりし頃に愛用していましたが、持続性が欠点と思っていたので、まったく期待していなかったわけです。

毎日、自転車にも乗りますし、海風が強く取れてしまうと思っていたのです。

しかし、試してみると、あの頃との違いを実感しました!

風がビュービュー吹いても全く取れない!

年月を重ねると何事も進化しますね!

いやービックリしました。

と言うことで、メイク時間もオフ時間も効果(持続性)を検証した結果、つけまつげにお世話になることにしました。

そういえば

ネイルサロンやアイリストの方達って、マツエクにプラスしてつけまつげをしていることが気になっていました。

マツエクだと本数によっては、ボリュームが感じられないのかな?くらいにしか思っていなかったのですが、こんなに手軽に、この使用感を得られることを体感し納得しました!

何事も試すことって大事ですね。

紹介した商品は、楽天市場でも買えます!


関連記事

コメントは利用できません。