働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産後ダイエットに失敗した働くママの再ダイエット日記(1)

産後ダイエットに失敗し、一度は諦めかけた私ですが、ダイエットを再開することとしました!

そのため、私と同じようにダイエットに失敗した人たちと一緒にダイエットに励んだり、ダイエットの効果で勇気を与えられればと思いました。

今回は、ダイエットを決意するまでの経緯についてお話しします。

産後ダイエットが失敗した4つの理由

今さらな発言なので、言い訳にしか聞こえないのですが、私が産後ダイエットに失敗した理由は、思ったよりお金がなかったこと、思ったより仕事復帰が早かったこと、母乳ダイエットが出来なかったこと、思ったより傷が痛かったことの4点です。

理由1,思ったよりお金がなかったこと

思ったよりお金がなかったことは、次男の出産は、計画的にしたつもりでしたが、計画と実際は異なります。

早々上手くいくことばかりではありません。

家計簿とかお金の管理系が苦手で続かないズボラな性格な私は、節約することも出来ず、ついつい無駄使いをしてしまい、産後ダイエットに使おうと思っていたお小遣いをあっという間に使ってしまいました。

しかも一過性のものや食べ物ばかりで本当に必要なものだったり、買って正解!と思えるものは何一つありませんでした。

理由2,思ったより仕事復帰が早かったこと

思ったより仕事復帰が早かったことは、先のお小遣いを使い果たしたこともありますが、次男妊娠時から会社の危機的状況が続いており、社員を守ることはもちろん、私自身の居場所に不安を覚えたからです。

育休している間に会社の状況は大きく変化すると思いましたし、変化により社員のことも気がかりでしたし、私の居場所も無くなる可能性がありました。

なので、自分の体をケアすることを考える時間がなかったのです。

(現に、育休を取っていたら今頃私はどうなっていたのだろう?と考えるとゾッとします。)

理由3,母乳ダイエットが出来なかったこと

母乳ダイエットが出来なかったことは、長男は完全ミルクだったので、次男は母乳で育て、周りのママさんたちが母乳ダイエットで成功しているのもあり、母乳ダイエットに期待をしていてのですが、次男の食欲に私の母乳がついていかず、母乳を断念してしまいました。

理由4,思ったより傷が痛かったこと

思ったより傷が痛かったことは、帝王切開の傷跡のことです。

次男で帝王切開が二回目と言うこともありますが、年齢を重ねたこともあり、長男の時とは回復のスピードが違うと感じます。長男の時も産後三ヶ月で働きに出ましたが、今より動く仕事でした。

今回も余裕だと思っていましたが、傷口の痛みが違います。

術後腹帯はしていましたが、ガードルなどパワーが強いものは、痛みもあり使用することが怖かったです。

ぽっちゃり「あるある」

自分の体は、さて置いておいた訳なのですが、長男の時に仕事復帰し自然と痩せたこともあり、余裕な気持ちで居たのです。

それが間違いでした!長男を出産したのは20代でしたが、今は30代です。

次男を授かる前にスポーツや運動をやっていたわけではなく、食欲も増加傾向にありました。その結果、みるみると太ってしまいました。

服は入らないことが当たり前、気持ちだけは昔のままなので、通れると思ったものの、家具におしりが当たってしまったり、長男をおしりで押してしまうこともあります。

「昔はこのくらいの幅はなんなく通れたのに!」と思うことが、ほんの数回から毎回に変わってきました。

それでも仕事のストレスで食べることしか楽しみが無くなってきた私は、ダイエットを考えることはありませんでした。

家族の要望で心を決めた

とうとう旦那より「ダイエットをしてほしい」と言われることになります。

次男を妊娠する前も仕事のストレスを食べること、飲むことで発散していた私は、ベスト体重より5キロ太っており、今はそれより5キロ太り、合計10キロ太ってしまったのです。

さすがにやばいと感じた私は、ついにダイエットを決意することになりました。

さいごに

旦那に言われなければ、ダイエットを再開しなかったと思います。美意識は高い方だった私が、ここまで拘らなくなるとは思いもしませんでした。

次回は、ダイエット方法についてお話します。



関連記事

コメントは利用できません。