働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

帝王切開の痛み、産後、傷跡、費用、二人目など悩み(1)

私は、帝王切開で二人出産を経験しています。

予定で帝王切開になる方も、緊急で帝王切開になる方も、不安や悩みを抱えているかもしれません。

そんな妊婦さんの不安を解消していただきたく、体験談をお伝えします。

 

 

予定帝王切開と緊急帝王切開



私の帝王切開は「予定帝王切開」でした。

 

帝王切開には「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」があります。

簡単に言うと「予定帝王切開」は、36週までになんらかの理由で手術日(出産日)を決めて手術に臨むことです。

「緊急帝王切開」は、分娩でのトラブルやリスクを回避するために急きょ行う手術のことです。

なので、「予定帝王切開」だとベイビーちゃんの誕生日は36週の検診の日に決まってしまうのです。

 

個人病院ですと、「○曜日は手術日」と設定されていると思います。

その週に出産を控えている「予定帝王切開」の妊婦さんと診察の時に予定を組みます。

だいたい一日に3回から4回、手術をされると思います。

 

大きい病院ですと毎日数名手術体制なので、私の場合は、38週0日に決定しました。

38週にするのは、ベイビーがいつ生まれても大丈夫な大きさに育つことと、一般的には陣痛が起こらないであろう時期だからです。

 

予定帝王切開のメリットとデメリット



「予定帝王切開」でのメリットは、出産日が決まっているので、産休の日程が組みやすいことだと思います。

私の場合は、長男は手術日の二週間前まで仕事していましたし、次男はなんと手術日の4日前まで仕事をしていました!

最終日は、片付けとあいさつ程度でしたが。

ギリギリまで、予定を組みいろいろと用事を済ませたり、自由が利くということです。

 

「予定帝王切開」のデメリットは、普通分娩と用意するものが違うということでしょうか。

こちらについては、後ほどお伝えしていきますね。

 

予定帝王切開になった理由



私の場合、二人「予定帝王切開」で出産したとお伝えしましたが、「予定帝王切開」になった理由は

「逆子」です。

長男が逆子だと検診の時に言われて、逆子体操をやりましたが、結局36週までに戻らず、「予定帝王切開」になりました。

逆子体操って結構大変ですし、疲れるのです。同じポーズで10分とか居なければならないので、妊婦にはキツかったです。

 

生まれてみて先生に言われたのは、「へその緒が首に巻き付いていたよ。だから逆子が戻らなかったんだね。」と。

へその緒が首に巻き付いていたことにビックリしましたが、無事に生まれて本当に嬉しかった記憶があります。

母子手帳にも「臍帯巻絡頸部」と判子が押されています。

 

次男はというと、「一人目が帝王切開だったということなので、今回も帝王切開になります。」と先生からお話がありました。

その割に、逆子だったのです(笑)次男も。

へその緒が首に巻き付いていたわけではなく、一回も頭が下に向くことがありませんでした(笑)

個性って不思議ですね。

 

次回

次回は、帝王切開の手術までについて、詳しくお伝えします。

普通分娩と準備するものが異なるので、参考にしてくださいね。



関連記事

コメントは利用できません。