働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

帝王切開の痛み、産後、傷跡、費用、二人目など悩み(2)

前回は、帝王切開についての簡単な説明とメリット、デメリットや私の、帝王切開になった理由についてお伝えしました。

今回は、帝王切開決定から帝王切開用入院準備リストについてお伝えします。

帝王切開は入院が長い!

予定帝王切開の場合、36週に決定し、手術日まで約二週間あります。長いようで意外と短いです。

そのため、役に立った準備品についてご紹介しますので、購入追加、最終確認の参考にしていただけたらと思います。

帝王切開は入院期間が長いまず、普通分娩が出産日を入れて5~6日のところ、帝王切開の場合、出産前日から入院するので、出産前日を入れて8~12日と入院期間が異なります。

直近で言うと、次男は3日の午前中に入院手続きをして10日の午前中に退院しました。

私が出産した病院は、入院日数の数え方は、0時起算だったので、入院期間8日となりました。

ちなみに、私が出産した病院では二人目の場合、ベイビーちゃんとママの状態が良ければ一日短くしてもらえたので、通常は9日です。

入院が長い分、ママさん達が総入れ替えしてしまうので、見送る淋しい気持ちもありました。

その分、助産師さんと接する時間が長いのでコミュニケーションは捗りますよ!

帝王切開は洗濯が大事!

リスト帝王切開で出産の場合、入院期間が長いので、ご家族に毎日洗濯を頼めるようにお願いしておきましょう。

洗濯が出来ないと購入する枚数が増えてしまうので、洗濯は重要ですよ!

特に、入院中や退院して少しの間だけしか使用しない物もありますので、無駄に購入せず、その分、ベイビーちゃんのグッズを購入することをおすすめします。

実際に私が持参した準備品をもとに帝王切開ママ用に入院準備リストを作りました。

帝王切開の入院準備リストとコメント!

□ペットボトル用のストロー
・ペットボトルの口の形状が合わないものもありますので、検診の際に産院の自動販売機もしくは売店で売っているミネラルウォーターを購入して、形状を確認すると良いと思います。

□ミネラルウォーター
・夏場だったのもあり、結構買いました。売店で買ったり、家族に持ってきてもらったりしました。母乳のためにと一日1L以上は飲みました。ペットボトルの大きさは、部屋の冷蔵庫の大きさによって変わると思いますが、おなかが痛くてあまり前かがみになりたく、私は1Lをベッドテーブルに置いて飲んでいました。

□携帯電話
・デジカメはご家族にお願いして、携帯のみで大丈夫です。

□パジャマ 全部で3組
・前開きで全開できるパジャマにしましょう。術後は着替えも助産師さんにやっていただきます。傷の様子も毎日何度も診ますので、助産師さんや先生が診やすいように全開できるものが良いです。

□スリッパ 1組
・一つ一つの動きにお腹が痛みます。100均商品ではなく、しっかりと履きやすいものを用意してください。

□授乳用ブラジャー 3組
・ワイヤーは無い方が良いです。そのまま被るものでも良いですし、ホックのものでも授乳用ブラジャーなら大丈夫です。着脱時の傷の痛みはどちらも変わらなかったと思います。

□産褥ショーツ 全部で2枚
・産院で用意されている場合は、合計2枚で大丈夫です。
※毎日洗濯が可能な場合は合計2枚で大丈夫ですが、毎日洗濯が難しい場合は合計で3枚用意した方が良いです。

□産褥ナプキン
・産院で用意されていたので、生理用品の夜用をねんのため持参しました。産院で確認してみてくださいね。

□ガーゼ 5枚
・母乳マッサージの時に使いました。私の場合、乳首が切れ、ブラジャーの生地に擦れて痛みがあったので、薬を塗った後にブラジャーに挟む用にも使用しました。

□靴下 2組
・くるぶしより上の厚めの靴下が良いです。足首を冷やすのは、母乳に良くないと聞きました。洗濯をお願いすると思うので2組で良いと思います。

□着圧ソックス 全部で2組
・産院で着圧ソックスが用意されている場合は、合計で2組で大丈夫です。
術後は、前かがみになることが痛いので、サッと履きたく、あまりきつ過ぎないものが良いです。履くのが大変ですが、むくみが気になった私は、太ももまであるソックスの方が長さの調節も出来るので、足が楽でした。

□アイマスク 1個
・昼間でも、夜でも少しでも多く睡眠をとりたいので、用意した方が良いです。特に相部屋の場合は、ベイビーちゃんが泣くたび、同室のママさんも起き、点灯するので、用意した方が良いです。

□骨盤ベルト(術後腹帯) 合計2枚
・産院で指定の術後腹帯を用意しました。産院では1枚あれば良いとのことでしたが、合計2枚用意しました。

□TV用イヤホン(TV見る時間があるなら寝たい!ってなりますけど・・・)
・相部屋の場合は、必須です。ベッドからTVまで意外と遠いので、普段使用しているイヤホンだと長さが足りない!2mくらいが必要です。

□筆記用具
・ボールペンが良いです。消せるのではなく、普通のボールペンが良いです。書類に記入したりするときに消せるボールペンはNGな場合があるので、普通のボールペンが良いです。なにか書き直した記憶があるのですが、忘れてしまいました。後で思い出したら追記しておきますね。

□ティッシュペーパー
・保湿用のを1箱用意すれば十分です。

□タオル 3枚
・汗かき用(夏場)、シャワー、洗面で兼用で使えるように、バスタオルではなく、普通のタオルを3枚用意し、洗濯で対応しました。私の場合は、術後に熱が出たので、タオルは毎日洗濯をお願いしました。

□洗面、歯磨き、基礎化粧品など一式
・基礎化粧品は、簡単に出来るものが良いと思います。3つとか顔に塗ってられない!オールインワンタイプが楽でした。

※重要※

※医療保険受給の申請用紙や診断書を依頼することを忘れないようにしましょう!※

退院までに用意したもの

□ショーツ 必要数
・退院すると、産褥ショーツは履かなくなるので、ガードルと同様に、縫い目が傷口に当たらないものを退院までに用意した方が良いです。

□リフォームガードル 合計1枚
・縦か横かによりますが、縫い目が傷口に当たらないものを用意した方が良いです。
傷口は15センチくらいです。

最後に

いかがでしたか。リストについてはPDFでダウンロードできるように、近々ご用意しますね!

次回は、いよいよ入院についてです。

関連記事

コメントは利用できません。