働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしても仕事に行きたくない憂鬱な働くママに読んでほしい

今回は、どんなに強いと自負しているママだって、仕事に行きたくない憂鬱なときがあると思います。
気持ちをHAPPYに切り替えるヒントになれば幸いです。

 

働くママは楽しい!と本当に思う反面、どうしても仕事に行きたくないときがあります。
自分自身が原因の場合や、家庭の悩みなどのプライベートなことは、ある程度コントロールが出来ると思います。

 

コントロール出来ないものとは、会社や仕事、上司、部下、同僚など外部環境の影響だと思います。

 

それでも初めのうちは、その日だけやり過ごせば良いと出勤しますが、毎日のように憂鬱が続いていくと、休む理由を探したり、遅刻する理由を探したり、子供が風邪をひくとホッとしたり、仮病で休み始めたりします。

 

なんで私だけこんな思いをしなければならないのか?と思うこともあります。

 

一層のこと退職して、専業主婦になろうかな。と考えることもあります。

 

旦那様のお給料がとっても良かったり、もともと裕福で働かなくても問題ない状態なら、それも選択肢となると思いますが、必ずしも働く理由って、お金だけではないと思います。

 

働くママは楽しい!でお伝えしているように、働くことは、ママにとって唯一無二の自分でコントロールできる時間なので、そう簡単になくすことは難しいと思います。

 

また、上司との関係に憂鬱でも、仕事内容は充実していたり、お客様との関係が充実していたり、同僚との関係は良好だったりしますよね。

 

そして、退職することで保育園は退園することになってしまい、大切な子供への影響が出たりと、自分だけの思いで決められるものではありません。
辞めない理由、辞められない理由もちゃんとあるのです。

 

 

私が失敗したモチベーション維持方法

 

私が自分自身でなく、外部環境の影響で憂鬱で仕方なかったとき、そして誰にも相談できなかったときの気持ちの切り替え方法は、インターネットやブログでした。

 

同じような境遇から成功した記事を見てモチベーションをキープしたり、カウンセリングブログを見つけては読んだりしました。

 

しかし、カウンセリングのブログを読み過ぎてしまい更に落ち込み、モチベーションをキープすることに失敗したこともあります。

 

なので、ここでは、私もこんなに辛かったのよってことは書きたくないと思いました。

 

 

私の辛かったのよ体験談は、働くママ。筆者「emiemi」についてシリーズに書きますので、心の余裕があるときにそちらをお読みいただければと思います。

 

 

本当に大切なものは何?

 

どうしても仕事に行きたくないときは、休んでも良いのです。
あなたが休んで回らない会社は会社とは言いません。

 

私は休みました!そして自分自身を見つめ直しました。
子供ともいっぱい遊びました。子供にとってママは一人しかいません。

 

ママの心が疲れていると、子供に対する接し方に影響が出ます。
子供はいつもママを見ているので、ママの心を察することは容易です。

 

本当は甘えたいのに、ママの機嫌が悪いから我慢させるのは、可哀相です。

 

私は、何かあったときこそたくさん子供と接するようにしています。

 

小学校にあがると、調子の良い言葉を使ってくるので、イラっとしたこともありますが、大体は思い直すことがほとんどです。

 

子供の笑顔を見ていたり、子供の優しさに触れると、仕事が嫌モードが徐々に薄れていきます。

 

そうやって勇気づけられて、日々過ごしていました。

 

自分原因でない時は、根本的な解決方法とは言えないかもしれません。

 

それでも、愛するわが子のためと思えば、ある程度のことは乗り切れます。

 

ママパワーってスゴいですから。

 

 

最後に

 

このサイトは、あなたの味方で居ます。

 

どうしても辛いときは、問い合わせフォームにぶちまけてください。

 

お返事をする確約は出来かねますし、内容によっては拝見することしかできないと思います。

 

それでも、思いを書き綴ることでスッキリすることもあります。

 

誰かに伝えることでスッキリすることもあります。

 

私の解決方法があなたに合うか分かりませんが、「それでも前進する」あなたを心から応援したいと思っています。

関連記事

コメントは利用できません。