働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出産準備、赤ちゃん用品選び方。新米ママ迷った時はこれ!

赤ちゃんを授かったママさん、パパさん、おめでとうございます!赤ちゃんを迎えるための用品選びは、楽しい反面、迷いますよね。

どう選べばよいか分からない新米ママ、パパ向けの参考していただければと思います。

産院と同じにする理由

なんだかんだ言って、産院で使用されているものが使用しやすいです。

業者との繋がりもあるとは思いますが、医師や助産師の意見もあると思います。

特に、おむつ、哺乳瓶、粉ミルクは、入院中の短い間ではありますが、生まれたばかりの赤ちゃんが初めて触れるもの、口にするものなので、なるべく負担をかけたくないものです。

生まれて早々に身体の小さなの赤ちゃんが新しい変化に対応しなければなりません。

退院後は、環境の変化だけでも赤ちゃんにとっては、大きな出来事ですし、ママにとっても初めて赤ちゃんと二人で過ごす時間が増えることに不安もあると思います。

そういった不安を少しでも除くには、なるべく変化をしない方が良いと思います。

これは、我が家の例ですが、帝王切開で小さく生まれた長男は、もともと上手くミルクが飲めませんでした。

それでも入院中は、母乳と粉ミルクと混合であげていました。退院後、環境の変化で私の母乳はどんどん出なくなりました。

そのため、粉ミルクの回数が必然的に増えたのですが、飲まない。飲むのに一時間かかる・・・悩みました。

三時間おきに起きるけど、授乳に一時間って考えてみてください。恐ろしいですよね(笑)

今ほどインターネットも普及していなかったので、調べるすべもなく悩んでいました。

一ヶ月検診の時に、産院の時と哺乳瓶を変えたなら、それが原因かもしれない。と先生よりお話があり、産院と同じものにしてホッとしたことを覚えています。

かわいいからとブランドのデザインだけで選んでしまった自分を反省しました!

困ったときは売店に行こう!

あなたが出産する病院に売店はありますか?総合病院だったり、ある程度の規模の産院だと売店があると思います。

入院中におむつやおしりふきなど足りなくなったときに、自分で売店に行き購入したり、売店が休みのときや、閉店時は、助産師さんにお願いすると、その場で購入できたりします。

そのため、入院中は同じものが使えますし、売店に売っているものは、その産院の新生児が使用しているものと同じものということになります。

赤ちゃん用品だけでなく、ママ用品も販売していたりしますので、ママ用品(パジャマ、産褥ショーツ、バストケア)で悩んだ時の参考にもなります。

用品をそろえる前に一度確認してみてください。

個人病院の場合はどうする?

個人病院で売店があるところは、なかなか無いと思います。

その場合は、母親学級や両親学級、助産師相談などで確認すると良いと思います。

産院では、入院グッズを用意してくれるところがほとんどだと思いますので、助産師さんなら把握していると思います。

産院によっては、用品のメーカーをローテーションをしている所もあるかもしれませんので、産院がどういう方針で用品を選んでいるかも確認しておくと良いと思います。

さいごに

赤ちゃんは、肌着の素材や質にも敏感なので、ストレスは少なくしてあげたいですよね。

赤ちゃんのストレスを少なくすることがママにとっても心の余裕に繋がります。

ママの心は赤ちゃんに伝わってしまうので、私の体験も参考にしていただき、赤ちゃんとママのハッピーにつながれば良いです!

関連記事

コメントは利用できません。