働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育園ママ。幼児からスポーツをおススメする3つの理由

保育園に通わせている働くママさん、いつもお疲れ様です!!

今回は、在園中からスポーツを習わせることについて、お伝えします。

 

本気なら始めるのは早いほうが良い!?

あなた自身はお子さんがスポーツをすることにどのくらい本気ですか?

プロを目指してほしいと思っていますか?

もし、プロを目指してほしいと思っているなら、物心がつく保育園の在園期間から習わせたほうが良いと思います。

意思を持つと「嫌」と言います

例1.

私は、音楽に携わる習い事をして欲しく、長男にピアノを教えようと思っていました。

また、保育園でも興味がありそうだ。と先生からお話があり、長男に確認したところ、「体験なら行ってみたい!」ということで、お試しの3回レッスン券を購入し長男を連れて行きました。

5歳の時でした。しかし、時すでに遅し。

本人の思っていたレッスンと違ったようです。

親の思いに反して、息子は3回レッスンを終えると「もう行きたくない」と自分の意見を尊重しました。

例2.

ときは変わり、サッカーを始めたのは、小1のときでした。

本人がサッカーをやりたいと言ったので、体験をし、入会することにしました。

その時は6月でしたが、レギュラーになる子は幼児から習っており、スクールでの扱いも違うし、何より本人のモチベーションも違いました。

私から見ると、幼児から習っている子は、親の思いに応えたいという自分の意志でやっているように見えました。

ところ変わって、我が家の長男は、練習好きな、試合より壁打ちを好む子でした。

試合に誘われても拒否し、コートの隅っこで自主練習をする子でした。

それでも、人一倍練習していたので、上の学年の子にも、保護者の方にも名前を覚えてもらえました。

やるからにはレギュラーになってほしかったし、スポーツの楽しさを知ってほしかったので、初めの一年間は、週3~4日で通いました。

しかし、どんなに練習をしても、幼児から始めている子には敵いませんでした。

結局、二年通いましたが、幼児から始めている子には足元にも及びませんでした。

子供が悔しいと親も悔しい

一昔前は、小学校三年生までにスポーツがをやらせたほうが良い。といわれていましたが、今は違います。

いかに、早くスポーツを始められるか。が大事だと思います。

知り合いの話では、「今は我慢の時かもしれないね。高学年になると、体も大きくなり、自主練していた努力が報われる時が来るから」と言ってくれましたが、物心がついたときには当たり前にスポーツをしていた子供と、何気なく「やってみようかな。」でスポーツを始めた子供では、モチベーションが違うことを痛感しました。

小学校に上がってから空手を始めたお友達も、年下の子と同じ内容をやって悔しい思いをし、一生懸命同級生に追いつこうと頑張っているといっていました。

幼児のうちに何か一つ始めても損はないと思います。

さいごに

保育園ママさんには、ママの休日に通わせられるスポーツを体験から始めてみてはいかがでしょうか。

一回や二回では分からないと思いますが、体験に来た月は、何回でも体験できるシステムのところもありますので、ご近所のスクールを調べてみてくださいね!

関連記事

コメントは利用できません。