働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働くママ。保育園0歳児。さっそくアデノウイルスに感染した

我が家の次男は、保育園に入園し始めて3ヶ月が経とうとしています。

保育園に慣れてきたと思った束の間、「あれ?いつもより体調が悪そうだな・・・」

さっそく回ってきました感染症。

今回は、感染症についてお話します。

感染症と戦うのはママも同じ!

私が子供のころは体調不良と言えば、ただの「風邪」か「インフルエンザ」でした。

それが今では、医学の発展とともに、多種多様な菌が発見され、さまざまな菌へ効果を発揮する新薬の開発が進められています。

そして、子供の風邪といっても「ただの風邪」ではなく、○○病、○○ウイルスと病名がつきます。

菌によっては感染拡大を防ぐため、登園禁止期間があり、登園するには、登園許可書というものを医師のサインが必要な「A」版、と保護者のサインが必要な「B」版があります。

子育てをしている働くママにとって子供の感染症は「いつまで会社を休まなければならないのか?」「病児保育室は空いてるかしら?」「有給は残っていたかしら?」「パパは有給とれるかしら?」と通常のペースを乱す恐怖でしかありません。

どうにか週末で治ってほしいと願うばかりです。

言われなきゃ気付けない!感染症

我が家にも、感染症がやってきました。

その正体は「アデノウイルス」です。

いつもの風邪と変わらない様子でしたが、たまたま耳垂れがひどく耳鼻科に行った時でした。

「一応、感染症の検査しておくね」と言われ、検査をしたところ「アデノウイルス」陽性とのことでした。

「アデノウイルス??」

ここで注意したいのは、「アデノウイルス」にも種類があるとのことです。

「アデノウイルス」というと代表的なものが「プール熱」です。これは目が充血しているのが特徴で同時に高熱がでます。

一方、次男は「アデノウイルス」でも充血しておらずキレイな白目。なので、「プール熱」ではありませんでした。

「プール熱」の場合は、登園禁止期間があり、登園には医師のサインありの「A」版の登園許可書が必要です。

一方、次男の「アデノウイルス」は熱が下がれば登園できます。

医師のサイン不要で、登園許可書「B」版に保護者がサインすることで登園できます。

検査しなかったら本当に気づきませんでした。

症状は?どのくらい保育園、会社を休んだ?

我が家は土曜日に風邪で小児科にかかっていました。その時は熱はなく普通の風邪の症状でした。

月曜日の夜に、綿棒で耳掃除をすると「ねっとり」する感じがありました。

夕飯の時に、耳を触るしぐさをしていて、夕飯のとろみが耳に入ってしまったのか?とその時は、思っていました。

火曜日の朝、気になって耳掃除してみると「ねっとり」があり耳鼻科に行き、耳だれの吸引をしてもらい、急性中耳炎ということでした。

水曜日は、耳だれはありましたが、熱もなく保育園に連れていき、「ねっとり」が強かったら連絡が欲しいと先生に告げたところ、案の定、連絡があり早退し耳鼻科に行くことにしました。

その日の夕方に念のため検査しようということになり陽性で「アデノウイルス」と診断されました。

「これから熱が上がるかもしれないから、座薬を出しておくね」と先生から話があった通り、夜に40度近く熱が出て、寝れなくて泣き続け、可哀想でした。

それから木曜日、金曜日、土曜日の三日間は40度近くの発熱を続けました。

随分、座薬にお世話になりました。

会社は木曜日、金曜日を休み、日曜日に回復したので二日休みを取りました。

これがもし、「プール熱」だったら、熱が下がってから2,3日は登園できないと思いますので、最悪水曜日まで五日間休むことになっていたと思います。

どれだけ有給があっても足りないですよね。

さいごに

今回は、「アデノウイルス」ですが週末で回復したので助かりました。

しかし、「アデノウイルス」でも月曜日に発覚の場合や、「プール熱」だった場合、丸々一週間お休みを取る形になるので、感染症は恐ろしいです。

一筋縄では行かないのが働くママの宿命ですが、愛する我が子のため、ママは立ち向かうのです!

関連記事

コメントは利用できません。