働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運動会2017秋に参加できない働くママ。天候が悪く延期が続き有給取れず

運動会を見に行けなかった親の話

なんということでしょう。

地球温暖化のせいなのか?

2017年秋の運動会は気候(台風の影響)で運動会の延期が続きました。

結局、子供の雄姿を見ることが出来ませんでした。

運動会延期の回数は7回



本来は土曜日でした。

そして日曜日。

水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、水曜日、金曜日。

延期7回目でやっと運動会を開催することが出来ました。

こんなに延期するとは、想定外でした。

いつもの運動会

去年までは、晴天続きで、逆に残暑が厳しくて、ノースリーブな服装や、日焼け対策をしている保護者が多かったくらいです。

お昼は一緒にお弁当を食べ、一年に一度のビッグイベントでした。

実家から、祖父母が見に来ることもありました。

今年の運動会

今年の運動会には変更点がありました。

お昼は親子別になったことです。

子供たちは教室でお弁当を食べ、保護者とは別でお弁当を食べることになりました。

その時点で、不満を口にする保護者も居たと思います。

そして、もし延期の場合は、土日ではなく、平日も含まれていること。

それでも土日のどちらかに開催できるものと思っており、平日の有給申請はしませんでした。

もちろん、有給申請していなかったので、平日は予定が埋まっていました。

結局、見に行くことはできませんでした。

いつも以上に天候を気にする三週間で、ストレスを感じたビッグイベントでした。

さいごに

こんなときに、演技で代表を務めたり、リレーの選手になっていたり、応援団で活躍したり、小学校最後の運動会だったりと考えると、なんとも言えない気持ちになりました。

長男はというと「親が見に来れない運動会ってやる意味あるの?」なんて言っていました。

そして、徒競走もうまく力を発揮できなかったようです。

いつもならしばらく運動会ネタの余韻が続いていますが、今年はまったく会話がありません。

もちろん、土日に開催したからと言って参加できない保護者も居ると思います。

今までは、「見に行くことが当然」と思っていましたが、当然ではない。ということを学びました。

とっても貴重な体験をしました。



関連記事

コメントは利用できません。