働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働くママの仕事選び。転職サイト登録で大切な3つポイントとは

働いているママはもちろんのこと、転職を考えているママ、これからお仕事を探そうと考えているママもいらっしゃると思います。

今は、転職サイトへの登録が主流となっていますが、元採用担当者目線での、登録する際のポイントをお伝えしたいと思います。

 

登録することは、自分の顔を思うこと

転職サイトにプロフィール登録するときの状況は様々と思います。

今すぐに就職を考えている人、今よりいい条件なら転職を考える人。

なので、状況によっては疎かにしがちですが、本腰を入れて登録してください。

登録すること自体が一次面接だと思った方が良いです。

興味のある仕事を探して、良い条件があれば「応募する」の簡単クリックで、多くの企業に一括で応募が出来ます。

なので、上手くいけば多くの企業から声がかかり、選ぶことが出来るかもしれません。しかし、それも30代前半までです。手抜きはバレます。

 

簡単クリックで応募できることはメリットだけではありません。だれでも簡単クリックで応募できるので、採用企業としては、ミスマッチな応募が増えることになります。

たとえば「総務部の採用担当者リーダー候補を募集しています!」という募集記事を出したとして「採用担当の経験やスキルが必須」だったとしても、「総務」という言葉に簡単クリックで応募してくる方も居るのです。

一募集につき百名以上は応募があると思ってください。

その応募者の中から、プロフィールだけで面接に選ばれる必要があるのです。

 

分かりやすく読みやすくを徹底すること

職務経歴のところはもちろん、自己PRもしっかり書きましょう!

ただズラズラ書くだけでなく、改行を上手に使ったり、カッコを使ったり、読み手にとって読みやすい書き方を心がけましょう。

先ほども書いたように、採用企業側は百名以上のプロフィールに目を通します。

例え、募集要項に学歴や年齢がマッチしなくてもプロフィールの書き方や書き手の思いを反映させることにより、読み手に伝わり、面接に漕ぎ付くことも可能です。

読み手にとってプロフィールは挿絵もイラストもないモノクロの読み物です。

だからこそ、メリハリをつけて目を引き、読み続けてしまう。興味を持ってもらう文面にしましょう。

 

応募する際は、面倒でも手を加えること

プロフィールの使いまわしは当たり前のことです。みんながやっていることです。

だからと言って貴方も同じことをする必要は全くありません。どこにでも通用する文言は避け、ひと手間加えることをおススメします。

募集ページだけでなく、ちゃんと採用企業のホームページも確認して、一行でも良いです。

自己PRのところに貴方の「思い」を書きましょう!貴方を必要としてくれる採用企業には、思いは届くはずです。

 

まとめ

応募者にとって応募が楽になったことで、一気にたくさんの募集に応募が出来るようになりましたが、その分、採用企業側もたくさんの応募者を見て吟味していることを忘れないでください。

そのため、プロフィールの書き方ひとつで左右されることもあります。

どれだけ目を引くプロフィールを書けるか。どれだけ見やすく分かりやすく書けるか。を極めてみませんか?

この取り組みは、どこの企業の業務でも役立ちます。

資料作成だって、報告書作成だって、大切なことを書いているのに「見にくい」なんて言われたくないですよね。なんでも「見やすさ」は大事だと思います。

「プロフィールを見て、どうしても貴方にお会いしたかった」と言われるようになりませんか?

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。