働くママに役立つ妊娠、出産、産後、美容情報と保育園、小1の壁、学童、習い事、夫婦、家事分担など子育て情報。仕事、ストレス、転職、就職の悩み駆け込み寺。元中小企業の人事、新規事業担当の採用ノウハウから新規事業、新商品開発の進め方まで幅広くご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マタニティから出産入院準備服なら。コスパ良し着回し授乳服

マタニティから授乳服

妊娠が分かったときから授乳まで約二年間、マタニティ服、授乳服にお世話になります。

どうせ着るなら可愛いものが良いし、それなりに流行も取り入れたい。

そして、コスパも良く、約二年間着用できるしっかりとした素材や質・縫製が好ましいです。

今回は、私もお世話になったマタニティ服・授乳服のお店を紹介します!

マタニティから授乳インナーと入院準備パジャマ




私が産院として選んだのは、御三家の一つ、東京都港区にある愛育病院です。

皇室では紀子さまが、芸能界では自民党衆議院議員の後藤田正純の奥様である水野真紀さんが出産されたということで知られています。

南麻布(広尾)は、愛育クリニックと生まれ変わり、今は田町駅から徒歩7分の芝浦に開設しています。

愛育病院は初診から出産までのマタママさんと、出産間近まで地域の産院に通い、出産は愛育病院で行うマタママさんが居ます。

そんなママさん達も着用しているのが、ミルクティーのパジャマでした。

人気なデザインはすぐに売り切れてしまうので、気に入ったものがあったら即お気に入りに追加してくださいね。



マタニティから授乳まで普段着や仕事服もあります

安定期に入った頃に購入を検討すると思いますが、まず揃えたいのは、冬なら保温系シャツやタートルです。

夏ならキャミソールや半そでシャツです。

ワンピースにも、スカートにも、パンツにも合わせられるので色違いで購入がおススメです。

デニムも一つは購入をおススメします。

マタニティから授乳後まで着用できますので、買って損はありません。

授乳服とお宮参りなどフォーマルスタイル

出産後のお宮参りはもちろん、お呼ばれや兄弟の入園式・入学式にも大活躍のフォーマルウエアも豊富に揃っています。

しかもオシャレです。

出産以降に購入を検討している場合、育児に追われ選ぶ時間も買う時間も少なくなりますので、出産までに購入することをおススメします。



さいごに

ミルクティの素敵なところは、友人や知人へのプレゼントにも選ばれること。

私も友人からケープやタンクトップをプレゼントしてもらいました。

私の場合は、授乳期間が少なかったのですが、抱っこ時の風よけやお昼寝のときに掛けたりしました。

タンクトップは、パジャマ代わりや、ちょっとしたインナーとして使用したりしています。

なので、ご自身で良いな~と思ったら、友人や知人にプレゼントしたり、おすすめするケースが多いように思います。

選ばれる理由がわかりますね!

では、素敵なマタニティライフを!!



関連記事

コメントは利用できません。