に投稿

ママ友と比べちゃう!肌のたるみを防ぐためにはコラーゲンの生成が大切

最近ではマスクをしているので、マジマジと見ることは減ったかもしれませんが、同年代のママ友とどうしても肌を比べたりしちゃいませんか?

ついつい比べてしまうと気になりだす肌のたるみ。

今回は、肌のたるみとコラーゲンについてご紹介します!

肌のたるみ対策にコラーゲン?

肌のたるみ対策には、弾力性を高めるコラーゲンやエラスチンが減少しないように何らかの手立てを講じることが大事です。

年齢を重ねるにつれコラーゲンやエラスチンは少なくなります。

不適切なスキンケアや紫外線の影響も注意が必要です。

肌のたるみは、保湿力の低下と共に弾力がなくなってしまった皮膚が重力影響で下へと垂れやすくなるものです。

コラーゲンやエラスチンの生成をサポートすることが、たるみ予防になります。

人間の体は、食事などで摂取した栄養成分を合成して、コラーゲンをつくります。

たるみ対策には、コラーゲンを生成するために必要な主要成分である、鉄分、ビタミンC、たんぱく質の摂取が重要になります。

コラーゲン生成のために必要なもの

鉄分には、動物性のヘム鉄と、植物性の非ヘム鉄がありますが、動物性のヘム鉄のほうが吸収力は優れています。

植物性の非ヘム鉄を摂取する場合は、ビタミンCと併用することで吸収率を高めることができます。

肌を構成する成分でもあるたんぱく質は、新しい肌細胞を増やして皮膚の代謝を促進するためにも大切な成分です。

ダイエット時は特に気をつけたいビタミン

たんぱく質は、ダイエットをしていると欠乏しやすいので、気をつける必要があります。

ビタミンCは肌を美しく保つためには重要な成分であるとされており、抗酸化力が高いため老化による身体の酸化を防ぐ成分でもあります。

化粧水や乳液を使って肌を外側からケアすることも重要ですが、食事に気を使うこともたるみのない肌づくりの基本になります。

マスク着用で肌荒れの原因になることもあります。

食事にも気をつけて、日々のスキンケアを怠らずという基本的なことが大切なので、負担のない形で継続して行けたら良いですね!